シングルバトルのレギュレーション一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
samnail

シングルバトルにはそもそもどのような形式があるのだろうか。ルールの説明に入る前に、この項でシングルバトルの種類をおさらいしておこう。

シングルバトルにはそれぞれ、

  • 見せ合いあり63
  • 見せ合いあり66
  • 見せ合いあり61
  • さかさバトル

という複数のルールがある。一般によく対戦されているのが見せ合いあり63で、それ以外のルールはあまり対戦されることがない「マイナールール」として扱われることが多い。

それぞれのルールの特徴は以下の通りだ。

1.見せ合いあり63

 

パーティ(対戦を始める前のポケモン6体の組み合わせ)の6体からポケモンを3体選出して戦ルール。このルールは「相手のパーティを見てから自分のポケモンを選出できるところ」で、選出されたポケモンによって戦術や立ち回りをカスタマイズできるところが非常に面白く、相手に合わせて対戦を進めたり自分のやりたいことを相手に押し付けて戦うこともできる。非常に自由度が高いゲームだ。

今のシングルバトルでは最もメジャーとされ、レーティングバトルを始めオフ/オンライン問わず様々な場面で愛されているルールだ。一般にシングルバトルといえばこのルールのことを指しているといっても過言ではない程の人気ぶりである。

レート帯別人口推移S11_2

引用元:ポケモンスプレッドシート(http://nouthuca.blogspot.jp/2015/06/xyoras.html)

このグラフを見てみると、ポケモンにおいては圧倒的にシングルバトルの人口が多いことがわかる。公式大会で採用されているダブルバトルを差し置いてこの人気ぶりは異常とも言えるだろうが、それほどまでに初心者に取っ付きやすく、熟練者にとっては奥が深いルールということだろう。

 

2.見せ合いありシングル66

 

シングル63とは違い、こちらはパーティのポケモン全てを選出するシングルバトルだ。シングル63と比較して選出できるポケモンが2倍になるため対応できる範囲が非常に広くなることと、1回の対戦に充てる対戦の時間が非常に長くなることが一番の特徴だろう。同じシングルバトルとはいえそのゲーム性はシングル63とは大きく異なる。

一時期公式レーティング対戦のスペシャル対戦として「見せ合いあり持ち物なしシングル66」という特殊なルールが採用されたこともあるが、現状公式では正式なルールとしては採用されていない。しかし未だにプレイヤーが一定数いる程の人気はあり、ゲームバランス自体もかなり整っているので、シングルバトル好きの方には是非おすすめしたいルールだ。

 

3.見せ合いありシングル61

 

6体の中から1体のみを選出して戦う形式のシングルバトル。他のルールと比較して特に抑えておきたいのは

  • 毎試合メガシンカを使用できる(パーティ6体がメガシンカ可能でも問題ない)
  • 交代ができないので、対面が不利だとそのままゲームに負けてしまうこともあり得る

この2点だろう。パーティを組む際に重要とされる交換先や選出のパターンを考えなくて良い分、適当なポケモンを入れても対戦が成り立ち非常に取っ付き易いルールではあるが、一方で競技として採用するには非常に運要素が強く、実力差がハッキリと解りづらいというデメリットもある。

 

 

4.さかさバトル

 

さかさバトルとは、ポケモンのタイプ相性が真逆になるシングルバトルのことである。(他のルールにも当てはまる可能性は十分あるが、現状採用されているのがシングルバトルのみであるためシングルバトルとして扱うことにする)

タイプ相性が真逆になるというのはつまり

こうかがいまひとつこうかがばつぐん!(2倍)

こうかがいまひとつ(1/4倍)こうかがばつぐん!(4倍)

こうかがばつぐんこうかがいまひとつ(1/2倍)

こうかがないようだこうかがばつぐん!(4倍)

となり、それまで通用していたタイプ相性がひっくり返ってしまうことを意味する(こうかがないようだ…はこのルールでは存在しない)。ガブリアスが不一致10万ボルト1発で倒されてしまったり、氷タイプを倒すために冷凍ビームが必要になったりと、従来の感覚で戦うとかなり違和感のある世界を体験できるだろう。

このルールは残念ながら公式では採用されておらず、通常の場においてもルールで設定ができないため対戦することができない。一時期スペシャルで採用されたこともありまだ対戦する機会がないとも言えないので、その時をじっくり待つのが良いだろう。


以上、4つのルールについて言及してきた。シングルバトルは他にもレギュレーションをカスタマイズすることで通常使えないポケモンを使用したり、メガストーンを禁止して通常ポケモンのみで戦うルールも存在する。自由度はかなり高いので、自分と対戦相手の好みでルールをカスタマイズして対戦を楽しんでみてほしい。

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*