【スマブラforWiiU】第7回カリスマレポート【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ichatch

前回の続きです。今回は当日のレポートが中心になります。

 

【その5】ドライザ宅へ

たけらさんと名古屋行きの夜行バスに乗り、当日朝5:00に名古屋に到着。
名古屋駅に着くと今回の遠征で宿を提供して下さるというドライザさんが車で待機してくれていた。ドライザさんめっちゃ良い人。
朝少しスマブラ触ってからコメダ珈琲で朝食をいただき、そのまま会場を目指す。

 

【その6】カリスマ7 スタート

開始の時刻になったところで問題発生。keptさんがいない。
なんと一人朝泊まっていたネカフェで寝坊したらしい。これはまずい、このままでは失格になってしまう。
遠征してきてまで失格はある意味伝説になるかもしれないがそんな名誉はとてもいらない。
慌ててスタッフに相談したところ、数十分程度なら待ちますよーとの返事を貰え一安心。
万が一認められなかったら替え玉を用意しなければならなかったので本当に危なかった。スタッフの対応に感謝。

到着を待っている間に予選グループの発表。第一シードである胡麻麦茶/たいへいた/シグマチームがいるブロックに第二シードとして参戦が決まった。
初戦の相手のオーダーを決めている間にkeptさん到着。しかしこのまま先鋒で出してしまうのはまるで漫画の主人公のようになってしまい何か気に食わない少し疲れが溜まっていて可哀想なので、代わりにたけらさんに出てもらうことに。

 

予選(Bグループ)

1戦目/チーム:ahr(おののっくす/凛音/あひる)

福徳食堂 残ストック 結果 残ストック 相手チーム
32px-RyuHeadSSB4-Uたけら ○-× × 凛音32px-CloudHeadSSB4-U
  × ×-○ おののっくす32px-CloudHeadSSB4-U
50px-VillagerHeadPurpleSSB4-Ukept ○-× ×  
  × ×-○ あひる32px-MarthHeadSSB4-U
50px-DuckHuntHeadBlueSSB4-Uライト ○-× ×  
WIN       LOSE

クラウド×2+マルスの暴力組織にはダックハントでは分が悪いと判断してリュウ先鋒。
しばらくはお互いがストックを削りあう展開になったものの、最後のマルス戦でストックを温存することができ難なく勝利。
クラウドにあまり自信が無かったので個人的にはここ乗り切れたのは大きかった。

 

2戦目/チーム:強キャラ使ってごめんなさい(ふわ/りぜあす/KNTカルハ)

福徳食堂 残ストック 結果 残ストック 相手チーム
50px-DuckHuntHeadBlueSSB4-Uライト ○-× × KNTカルハ32px-MarthHeadSSB4-U
  × ×-○ ふわ32px-MarthHeadSSB4-U
50px-VillagerHeadPurpleSSB4-Ukept × ×-○  
 32px-RyuHeadSSB4-Uたけら ×-○  
  ○-× × りぜあす32px-MarthHeadSSB4-U
WIN       LOSE

予選の鬼門①、マルス軍団。マルスはそこそこ得意意識があったので「初手でダックハントを当てて初見殺ししまくろう作戦」で行くことに。
初戦はわからん殺しを仕掛けてなんとか1スト残しするものの、2戦目のふわさん戦で崖外で空N暴発してしまいそのまま復帰を事故らせて開幕20秒でバーストされてしまう。
更に悪いことにkeptさんも崖でワンチャンを通されてしまい最後のたけらさんに全てを託す形となってしまう。
そんな中でも冷静なたけらリュウ。相手の対空にしっかりと横スマを当ててふわさんを撃破。残るりぜあすさん戦も1スト削りあう接戦になったものの、しっかりと横スマを当ててバーストし勝利。
このゲームは先行取られた側が圧倒的不利になるルール、そんな中でもしっかりと勝利を勝ち取る大将の安定さに震えた試合だった。たけらさんイケメンすぎた。

 

3戦目/チーム:チーム既婚空上(カラミティ/にのみや/あいば)

福徳食堂 残ストック 結果 残ストック 相手チーム
50px-DuckHuntHeadBlueSSB4-Uライト ○-× × カラミティ32px-YoshiHeadSSB4-U
  ○-× × にのみや32px-YoshiHeadSSB4-U
  × ×-○  あいば32px-YoshiHeadSSB4-U
50px-VillagerHeadPurpleSSB4-Ukept  ×-○ ×  
WIN       LOSE

関東のヨッシー連合。からいばコンビとは普段対戦しているものの、カラミティさんは未知数なので例の初見殺し作戦で自分が先鋒で行くことに。
初戦でカラミティさんを引くが、ダックハントほとんど経験がないようで有利展開のままひたすら缶とガンマンで固めて2スト残しで勝利。
2戦目のにのみやヨッシーは1スト削って勝利できれば…と思ったが大ジャンプ空上が当たってギリギリバースト成功。こちらも2スト残して勝利して3戦目に突入。
3戦目は普通にタイマン勝負だったので真剣に行ったものの普通に負け。keptさんに引き継いだが二人して自滅しあって試合終了。たけらリュウ出番なし。

 

4戦目/チーム:ゆーまん(Lickey★/うちめい/こいわい)

福徳食堂 残ストック 結果 残ストック 相手チーム
50px-DuckHuntHeadBlueSSB4-Uライト ○-× × Lickey★32px-MetaKnightHeadSSB4-U
  × ×-○ うちめい32px-SheikHeadSSB4-U
50px-VillagerHeadPurpleSSB4-Ukept ○-× ×  
  × ×-○ こいわい32px-WiiFitTrainerHeadSSB4-U 
32px-RyuHeadSSB4-Uたけら ○-× ×  
WIN       LOSE

チームメンバー的にはメタが少々厄介。対メタには自信があったが、他のメンバーが当たった後に後出しするか初手で確実に取りに行くかで迷う。
一応全キャラに対応できる+相手はむらびと処理のためにメタ初手で来ると信じて自分が初手で行くことに。
初戦の相手は見事にLickey★さんを引くことに成功。お相手は初手がダックハントと知り絶望。メタに後出ししたところをシークで倒すつもりだったらしい。読みが当たって思わずにっこり。

メタには缶出してひたすら待つ。復帰は缶出しつつ帰ればそこまで辛くはない。1スト落とされるものの、相手の差し込みを抑えてなんとか勝利。
2戦目は序盤でアホのような復帰ミスをしてしまい即退散してしまったが残りのシーク、フィットレを二人がかりでなんとか倒して勝利。
自分がミスってもちゃんと勝ってくれる他二人の安定感が凄まじい。

 

5戦目/チーム:のどが痛い(だいや/でもどり/すま)

福徳食堂 残ストック 結果 残ストック 相手チーム
50px-DuckHuntHeadBlueSSB4-Uライト ○-× × すま   32px-RyuHeadSSB4-U
  ○-× × でもどり50px-PalutenaHeadSSB4-U
  × ×-○  だいや32px-DonkeyKongHeadSSB4-U
50px-VillagerHeadPurpleSSB4-Ukept  ○-× ×  
WIN       LOSE

どのキャラもダックハントで行けそうなので先鋒を担当。
対リュウはたけらさんと死ぬほど対戦しているので負ける気がしない。安定行動だけを取り2ストック残しで次鋒戦へ。
パルテナは反射板とバーストに気をつけてひたすら飛び道具と空前で火力をとりに行く。間合い管理を何度かミスるものの%差を活かして1スト残しで勝利。
残りのドンキーも相当自信があったが、こちらが浮かされた一瞬の隙を突かれてバースト。2スト残しで後ろに繋いでしまったが、しっかりと倒してくれた。ここも危なげなく勝利。

 

6戦目/チーム:シグォまへいた(シグマ/胡麻麦茶/たいへいた)

福徳食堂 残ストック 結果 残ストック 相手チーム
50px-VillagerHeadPurpleSSB4-Ukept ○-× × 胡麻麦茶 32px-LucarioHeadSSB4-U
  × ×-○ たいへいた32px-LucasHeadSSB4-U
50px-DuckHuntHeadBlueSSB4-Uライト ×-○ ×  
  × ×-○  シグマ32px-ToonLinkHeadSSB4-U
32px-RyuHeadSSB4-Uたけら ○-× ×  
WIN       LOSE

予選の鬼門②、中部の強豪プレイヤーによるチーム。
このチームへの選出は非常に悩まされた。相手はとにかく「ルカリオでアドバンテージを稼いで勝利する」ことがコンセプトであるため、セオリー通りに来てくれるのであればこちらはリュウで応戦したい。しかしそこを突かれてルカリオを温存されてダックハントに当てられてしまうと展開が悪くなりかねない。ルカリオは確実に潰す必要がある。
ひたすらに悩んだ結果、先手ルカリオorリュカに対応できるように先鋒はkeptむらびとを配置。相手がルカリオを温存してきたら後出しでリュウを当てる作戦に。

この試合に関してはkeptさんが相手のストックを大幅に削ってくれたことが本当に大きかった。
一方で自分は操作ミスのクレーで1スト削られ、3戦目にストックを早々に削られてしまうという大失態。勝ったものの個人で反省するところが多い試合となってしまった。。
チームの安定感に助けられたものの、第一シードを落とせたことで予選1位が目前となってきた。この勝利は大きい。

 

7戦目/チーム:やすまさとひろむとだいすけ(あんどう/にーに/メテオい)

福徳食堂 残ストック 結果 残ストック 相手チーム
32px-RyuHeadSSB4-Uたけら ○-× × メテオい32px-Rosalina&LumaHeadSSB4-U
  ○-× × にーに 32px-MarioHeadSSB4-U
  × ×-○  あんどう32px-MewtwoHeadSSB4-U
50px-DuckHuntHeadBlueSSB4-Uライト ○-× ×  
WIN       LOSE

ここに勝てば無事一位抜けが確定する試合。気を引き締めて全力で臨む。
相手チームの使用キャラ的には初手ダックハントでも良かったのだが、試合の出番が少ないから一戦くらいはたけらさん先鋒でどかどか倒してもらおうという話になり先鋒はたけらリュウを配置。
狙い通り昇竜でどんどん相手を倒していくがギャラリーのノリで笑いを誘われて完全に相手ペースに入ってしまい3戦目に調子を落とし一敗。
自分が引き継ぐことになったが、ストックリードが効いたのか相手が強気な攻めをどんどんしてくるところをなんとか避けて横回避に上強を合わせて勝利。

 

 


予選は7-0で一位確定。無事に一位抜けが確定して安堵するチーム福徳食堂。
…と思いきや初戦の相手がFILIPマジンガーのいるマリオ連合と聞いて一気に焦る。というかキャラ統一チーム当たり過ぎでは?
休憩時間の合間にミーティングをして順番を決定。マリオの勝率がそこそこ良い+初見殺し作戦でライト先鋒で行くことに。

決勝トーナメント1回戦/チーム:僕達マリオブラザーズ(FILIP/マジンガー/ランペル)

福徳食堂 残ストック 結果 残ストック 相手チーム
50px-DuckHuntHeadBlueSSB4-Uライト ○-× × ランペル32px-MarioHeadSSB4-U 
  ○-× × FILIP32px-MarioHeadSSB4-U
  × ×-○  マジンガー32px-MarioHeadSSB4-U
50px-VillagerHeadPurpleSSB4-Ukept  × ×-○  
32px-RyuHeadSSB4-Uたけら ○-× ×  
WIN       LOSE

対マリオは近接の拒否と上方向へのバーストを抑えること。それらを考慮すると一番戦いやすいステージが戦場だったので戦場を選択。
初戦の相手はダックハントを知らないようだったので缶固めで火力を取りつつ、ガードが増えてきたところを投げで崩して更に火力を取る。色々咬み合ってなんとか2スト残したまま次鋒へ繋げることができた。

次鋒のFILIPさんのステージ選択で再び戦場。やることは変わらずひたすら缶固めと拒否を徹底。FBが台のせいで通らずダッシュに対してもダッシュ掴みのカウンターと缶で上手く抑制できてるようで先行バーストすることに成功。
自分2スト相手1ストの状態でお互い100%超えの状態まで持って行けたものの、崖で空後を貰ってしまいバースト。その後即空Nを当てて勝利したもののストックを1つ失ってしまった。そのまま3戦目へ。

大将のマジンガーさんは終点を選択。特に問題ないように思ったが、FBで缶を結構止められる。FBの通りの良さを考えると対マリオは戦場>終点なのかもしれない。お互い100%超えの状況まで行ったが着地を狩られてバースト。1スト削りたかった…。

その後はkeptさんが1スト削るものの倒されてしまい、大将のたけらさんが相手60%辺りでダウン連横スマホールドでバーストされてしまう。一瞬ヒヤっとしたが冷静に小足からの昇竜拳を決めてなんとか勝利。2回戦の進出が決まった。

 

決勝トーナメント2回戦/チーム:9B(らない/ケイ/haru)

福徳食堂 残ストック 結果 残ストック 相手チーム
32px-RyuHeadSSB4-Uたけら ○-× × haru32px-PikachuHeadSSB4-U
  ○-× × ケイ32px-CloudHeadSSB4-U
  × ×-○ らない32px-VillagerHeadSSB4-U 
 50px-DuckHuntHeadBlueSSB4-Uライト  ○-× ×  
WIN       LOSE

地獄の村長、らないさん率いるチームとの対戦。らないさん以外の情報がなさすぎるので、対戦前に聞き込みでひたすら情報を集めることに。
①haruさんとケイさんは守りよりも攻めの傾向が強い
②らないさんは大将であることが多い

以上の情報から先鋒はピカチュウorクラウドと予想。そしてリュウはむらびととの相性が悪く大将戦でリュウを当てるわけにはいかないので、たけらリュウに先鋒と次鋒を削ってもらい、残る大将をライトkeptの二人がかりで倒しに行く作戦で行くことに。

想定通り先鋒はharuピカチュウが来てくれた。攻める相手には鬼のような強さを誇るたけらリュウ、難なく先鋒を突破し次鋒のケイクラウドにもしっかりと勝利する。
問題の大将のらない戦。せめて1ストでも…と思ったがらないさんの処理が上手すぎて速攻でバーストされてしまい2ストのまま次鋒の自分へ。

対むらびとはこれまで非常に悩まされたが、keptさんとの対戦経験を思い出してひたすら反確を狙っていく。
基本缶とクレーを回収させて火力をとらせない。ハニワ生成の隙に攻められそうならダッシュ掴みor空前から火力を取り、間に合わないならガンマンを盾にしてハニワリセット。ひたすらその繰り返しで非ダメを最小限に抑えることを徹底した。

序盤は上手く火力が取れたものの、一度崖外に出たタイミングで焦ってしまい最悪のタイミングで復帰ミス。相手2ストの50%程度でこちら残り1スト。絶望的だったがせめて1ストは削らないといけない。そう冷静に考えて非ダメを避けつつ相手の崖上がりパチンコの隙を上手く着いて横スマホールドで早々にバースト。こちら30%程度。これはいけるかもしれない・・・!

その後も拒否と差し込みを徹底して自分80%相手130%まで差を広げる。崖外に出してからはひたすら回避上がりの位置にスタンバイしていたが、最後の最後であえて崖端に設置した缶に重なりに行く。そして相手が崖を掴んだタイミングで横回避し、相手の回避上がりに上強を差してバースト。奇跡の一点読みを通してらないさんを倒すことができた。思わず叫んだ。

 

準決勝/チーム:プロと雑魚とゴミ(DNG|にえとの/かめむし/Daiki)

福徳食堂 残ストック 結果 残ストック 相手チーム
50px-DuckHuntHeadBlueSSB4-Uライト ○-× × Daiki32px-MegaManHeadSSB4-U
  × ×-○ かめむし32px-MegaManHeadSSB4-U
 32px-RyuHeadSSB4-Uたけら × ×-○  
  50px-VillagerHeadPurpleSSB4-Ukept   ○-× ×   
  ○-× × DNG|にえとの32px-DiddyKongHeadSSB4-U
WIN       LOSE

今大会のトップメタチーム。決勝で当たるつもりが、なんと準決勝で相まみえることに。
たけらリュウは普段にえとのDDに負け越している上に、リュウというキャラ自体ロックマンが相当キツいという最悪の相性。
まずは初手に出てくるであろうロックマンを確実に倒すためにライトが先鋒を担当。keptむらびとはにえとのDDに後出しするために先鋒にはオーダーせず。
先鋒はかめむしさんで来ると思ったが、Daikiさんがオーダーされた。

対ロックマンは豆をクレーで対処し、メタブレをキャッチして火力を削ぐことを徹底。
中盤までは火力の取り合いだったが、着地のタイミングで横スマを置くとヒットし、更に外にベク変をしてくれたおかげで早々に撃墜。
1スト先行して状況が大分有利になり、相手が崖外に出たところにメタブレを当て復帰を詰ませて勝利。1スト削られはしたが次鋒へ繋げることが出来た。

かめむしさん戦では豆の撒きが徹底されていてクレーが通らず、%で大幅リードされてしまう。後半は負けじと%稼いでお互い120超えの良いところまで行くが、崖外に出されてメタブレで復帰ルートを詰まされつつ空後でバースト。上から帰ってもバーストに繋がっていただろうし缶自爆のタイミングも見切られていた。相手が上手すぎたとしか言いようがない、完敗。

結果的には先鋒を削ることしかできなかったが、たけらさんとkeptさんの神がかった復帰阻止によって結果的には勝利。自分はただ応援することしかできなかったが二人の頼もしさのおかげで決勝まで進むことが出来た。

 

決勝/チーム:We are KUSO(DIO/Shogun/古森霧)

福徳食堂 残ストック 結果 残ストック 相手チーム
32px-RyuHeadSSB4-Uたけら ○-× × Shogun32px-FoxHeadSSB4-U
  × ×-○ 古森霧32px-CloudHeadSSB4-U
50px-VillagerHeadPurpleSSB4-Ukept  × ×-○  
50px-DuckHuntHeadBlueSSB4-Uライト    × ×-○   
LOSE       WIN

 

決勝戦は相手の使用キャラがフォックス、クラウド、ダックハントということでオーダーに非常に悩まされた。
またまた情報収集から先鋒フォックスのオーダーが堅いということで、相性で有利なたけらリュウを先鋒にオーダー。

フォックスをなんとか倒した所までは良かったが、まさかの次鋒古森霧さんオーダーによって3人共粉々に砕かれてしまい終了。
対クラウドはもっとしっかりと考えなおす必要がある…苦手意識持ったままじゃ一生勝てない。

 


 

というわけで準優勝でした。
決勝戦はもうちょっと善戦したかったけどここまで結果残せたのは初なので素直に喜びのほうが強い。
自分自身もチームにはそこそこ貢献できたはずなので、あとは細かいミスと情けない負けを直してもっと貢献できるようにしたいね。

 

http://smashboards.com/threads/vayseths-voyage-japans-love-of-team-tournaments.436749/

念願のスマッシュボードへの記事掲載も達成できた。取材来た時は本当にビビった。(写真はチーム福徳のポーズをそのまま流用。)
取材&記事掲載してくれたVaysethさんありがとうございます。

 

【その7】最後に

カリスマ7、もとい3on3、初だったけど本当に楽しかった。
自分が戦っていない状況でも一緒に戦ってるような気分に浸れる瞬間や、チームと対策会議をしている時間。本番に臨むまでの合宿による特訓。どれも想像の100倍以上は楽しめた。
このルールは是非関東や他地方でも開催してほしい。観客目線でも多くのキャラの対戦が見れるので非常に楽しめるはず。何より毎試合熱くて勝利した後の感動がやばい。

急な提案にもかかわらず、同じ志を持ったチームとして組んでくれた二人には本当に感謝。
ここまで勝てたのも負けてメンタル崩れなかったのも二人のおかげです。本当にありがとう!
でもウメブラのシングルスで当たった両方倒す!

 

長文になっちゃったけどここまで読んでくれてありがとうございました。
次はウメブラかな。目標はもちろん自己ベスト更新、気張ってくぞー!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*